Jリーグ



1 征夷大将軍 ★ :2024/07/17(水) 14:14:34.49 ID:R6zIcOrl9
 J1鹿島アントラーズは7月17日、日本代表MF佐野海舟が14日に逮捕されたと一部メディアにて報道されたことを受けて声明を発表した。

 鹿島は4日、佐野のドイツ1部マインツへの移籍を発表。「既に移籍手続きは完了しておりますが、元所属選手に関する事案であるためクラブとしても大変憂慮しております」とした。続けて「事案の性質上、クラブでは詳細について把握できないため、今後の状況を注視してまいります」と、動向を見守る。

 23歳の佐野は昨年、FC町田ゼルビアから鹿島に加入すると、ボール奪取力に優れたタレントとして台頭。昨年11月に日本代表デビューを果たし、今冬のアジアカップにも出場した。鹿島での2シーズン目の今季は主力のボランチとして、リーグ戦20試合に出場。今月4日にマインツへの完全移籍が発表されていた。

 ドイツ国内の報道では21日から練習に合流予定だったとされていた。

FOOTBALL ZONE編集部2024.07.17 
https://www.football-zone.net/archives/545379

【【サッカー】佐野海舟の逮捕報道を受け、"鹿島"が声明発表】の続きを読む


松木 玖生(まつき くりゅう、2003年4月30日 - )は、北海道室蘭市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはミッドフィールダー(AM, CH)。 2003年、室蘭市に生まれる。サッカーをする兄がおり、兄が所属する地元の室蘭大沢FCの練習を母と見学していた6歳の時に同クラブ…
14キロバイト (1,738 語) - 2024年7月4日 (木) 02:16

1 久太郎 ★ :2024/07/13(土) 21:00:12.94 ID:krT35VXY9
遠藤渓太が独走ゴラッソ!!20歳FW野澤零温はJ1初ゴール!! 松木玖生ラストマッチのFC東京、5万7千人集結の国立マッチ快勝

[7.13 J1第23節 FC東京 2-0 新潟 国立]

 J1リーグは13日、第23節を行い、FC東京がアルビレックス新潟を2-0で下した。前半6分にMF遠藤渓太の独走カットインシュートで先制した後、後半は劣勢に回ったが、後半33分に速攻からFW野澤零温がJ1初ゴールを決めて追加点。この日が国内ラストマッチとなったMF松木玖生も後半16分からのプレーで存在感を放ち、大観衆の国立を沸かせた。

 国立競技場に57,885人が集まった一戦。ホームのFC東京は海外移籍手続きのため離脱する松木がベンチスタートとなり、パリ五輪前ラストマッチのMF荒木遼太郎もメンバーを外れ、GK野澤大志ブランドンのみ先発した。一方の新潟はFW長倉幹樹が6試合ぶり、DF遠藤凌が10試合ぶりの先発出場を果たした。

 試合は前半6分、FC東京が早くも先手を取った。左サイドで遠藤が起点を作り、中央に戻すと、これを受けたMF小泉慶が浮き球のスルーパスを左サイドに配球。オフサイドポジションにいたFW仲川輝人があえてボールに触れずに相手を引きつけ、遠藤が受けると、そのままカットインした遠藤がペナルティエリア左から右足シュートを突き刺した。

 遠藤は途中出場で2得点を奪った第8節・東京V戦(△2-2)以来15試合ぶりのゴールで、これが今季3点目。横浜FMユース時代の恩師である新潟の松橋力蔵監督との一戦で見事な独走スーパーゴールを披露した。

 一方の新潟は長倉、MF長谷川元希、MF谷口海斗が時折ポジションを入れ替えながら攻撃を組み立てるが、なかなか決定機には至らない。前半31分、新潟は味方のシュートミスを受けた谷口が振り向きざまに狙うも、DF木本恭生にブロックされると、FC東京も直後にカウンターを仕掛けたが、左に抜けた遠藤の折り返しはDFトーマス・デンにカットされ、互いにチャンスを逃した。

 そのまま試合は後半へ。5分、背後を狙う機会の増えた新潟は左ハーフスペースで長谷川が受け、縦に流すと、フリーで飛び出した谷口が右足で狙う。だが、これはゴール右外へ。同6分には速攻から谷口が左に抜け出し、ゴール前へのパスに長倉が抜け出すも、DF徳元悠平の献身的なカバーに阻まれた。

 なおも新潟の攻勢は続いて後半13分、DF堀米悠斗のフィードに長谷川がフリーで抜け出し、エリア内まで侵入したが、またもシュートは枠を捉えられない。劣勢が続くFC東京は同16分、ポストプレーで存在感を放っていたFWディエゴ・オリヴェイラに代わってこの日が国内ラストマッチの松木を投入し、松木はキャプテンマークを託されピッチに立った。

 その松木は後半17分、野澤のゴールキックを受けて味方につなぎ、FK獲得に貢献。サポーターから松木への個人チャントが歌われ続ける中、ゴールから30m超の位置から直接シュートを狙い、さっそく存在感を示した。その後は再び拮抗した展開が続く中、FC東京は同26分、遠藤に代わって野澤を投入した。

 FC東京は後半28分、松木が敵陣左サイドで球際に競り勝ち、左の野澤零の攻め上がりを促すと、折り返しのパスから松木が強烈なシュート。だが、これはトーマス・デンに阻まれる。やや勢いの落ちてきた新潟は後半31分、谷口と長谷川に代わってFW小野裕二とFW松田詠太郎が投入された。

 そんな新潟は後半31分、さっそく右サイドを松田が切り裂き、横パスからDF藤原奏哉が果敢に攻め上がってシュート。だが、これはGK野澤大に足で止められ、またしても決定機を逃してしまう。

 するとFC東京は同33分、松木が自陣右サイドで屈強なキープを見せ、ここから速攻をスタート。DF白井康介の縦パスをMF安斎颯馬が巧みにそらすと、右サイドを突破した小泉のクロスに野澤零が飛び込み、J1通算7試合目での初ゴールが貴重な追加点となった。

 その後は新潟が負傷明けで12試合ぶりの復帰となったMF宮本英治を投入するなど、再び猛攻を展開したが、DF森重真人とDF長友佑都をクローザー投入したFC東京がそのままシャットアウト。国立決戦を2-0の快勝で終えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0d7b8682e4acdf9066e60f5054290cdd25b51f84

FC東京 2-0 新潟
[得点者]
06'遠藤 渓太(FC東京)
78'野澤 零温(FC東京)

スタジアム:国立競技場
入場者数:57,885人
https://www.jleague.jp/match/j1/2024/071302/live/#live

【【速報】"松木玖生"ラストマッチ!!『FC東京vs新潟』】の続きを読む



(出典 www.chugoku-np.co.jp) 【【サッカー】“河野孝汰"、大活躍!レノファ山口、3試合ぶりの白星!】の続きを読む



(出典 assets.goal.com) 【【サッカー】コンサドーレ札幌・ペトロヴィッチ監督、悔しさを抑え、サポーター&選手へ感謝の言葉『選手たちが最後まで必死に戦う姿を…』】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp 【【サッカー】横浜FMが連勝!アンデルソン・ロペスのPK弾で札幌を撃破‼︎】の続きを読む

このページのトップヘ