フライブルク



(出典 image.news.livedoor.com)


<シュトライヒ監督の存在があった…一時不調に陥った堂安の復活>

シュトライヒ監督を嫌いだという人に会ったことがない

ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクでプレーする堂安律は、クリスティアン・シュトライヒ監督から多大な影響を受けたことだろう。

フライブルク一筋12年というクラブとの絆もかけがえがない。フライブルク育成アカデミーの指導者時代を入れると実に20年にも及ぶ。

堂安が求めていた環境がフライブルクにはあった。シュトライヒの要求はいつもプロフェッショナルで、とても厳しい。さぼることを一切許さない。攻撃的な選手でも守備への動きが少しでも遅れると、コーチングゾーンから烈火のごとく叱責が飛ぶ。サッカーへの情熱はいつもマックスに燃え上がっている。


(出典 number.ismcdn.jp)

堂安はどんな試合でも足を止めることなく走る。何度も何度もダッシュで上下動を繰り返し、チームのために身体を張り続けている。

厳しいだけではない。シュトライヒの選手に対する愛情は激熱で、とても人情味のある御仁だ。だから選手は監督の声にいつでも耳を傾ける。交代で下がってきた選手を抱き寄せて、言葉をかけることを忘れない。試合に出られない選手にも優しく熱く励まし続ける。

今季、キャプテンのクリスティアン・ギュンターが腕の骨折と感染症で長期離脱していた。「監督の存在がリハビリ期間中の支えになったと話していたが、具体的にどんなことがあったのか?」と報道陣に尋ねられると、ギュンターは次のように答えた。

「病室にずっといた僕をね、監督は何度もお見舞いに来てくれたんだ。そしてサッカーのことだけじゃなくて、いろんな話をしたんだよ。あの時間がすごく気分転換になったし、監督の人間性の素晴らしさの表れだよね。サッカーだけじゃなくて、他のことを大事にしてくれる監督だという証だよ。通常業務で忙しいはずなのに、何度も来てくれるというのは当たり前のことじゃないんだから」


(出典 www.football-zone.net)

堂安もそうだ。今季シーズンスタートからしばらく不調に陥っていた時期があった。得意なはずのプレーがどうにもうまくいかない。普段だったらミスをしないところで足がついてこない。


レギュラーから外れる試合もあったが、シュトライヒは堂安を復調させようと、5バックの大外の右ウィングバックというポジションでの起用を決意した。


「(監督に)いいシーズンだったと思ってもらえるように」と全力でのラストスパートを心に誓い、恩師の花道を飾るために攻守に奮闘している。

うまくいかないことがあっても支えてくれる人がいる。正面から受け止めてくれる人がいる。そして壁を乗り越えるためにはそこから逃げずに戦い続けることの大切さを伝えてくれる人がいる。そうした環境の中で堂安は自分と向き合い、チームとともに成長し続けている。
(出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/c8d49c87f54aad1d450f98de9e0ce4c17f0a0275?page=1)


【【サッカー】日本代表 堂安律<シュトライヒ監督の存在があった…一時不調に陥った堂安の復活>】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp) 【【サッカー】堂安律のあのダイビングヘッドは、監督への最後のメッセージのよう…最後のホーム戦にファン涙】の続きを読む



(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp) 【【サッカー】堂安律!走り出すタイミング最高‼︎‼︎ 『珍しいダイビングヘッド』】の続きを読む


【【サッカー】"堂安律の覚悟を見届けろ" フライブルクvsケルン『ブンデスリーガ』】の続きを読む



(出典 sakanowa 【【サッカー】堂安律、素晴らしいプレーに『神』連発‼︎‼︎ 視聴者大興奮‼︎】の続きを読む

このページのトップヘ