ブラジル代表



(出典 nordot-res.cloudinary.com)

  【【サッカー】ネイマール、母国ブラジル サントス復帰⁈⁈】の続きを読む



(出典 www.football-zone.net) 【【サッカー】ブラジル代表 リシャルリソン、うつ病を告白‼︎‼︎〝裏切られた〟〝全てをあきらめた〟】の続きを読む



(出典 img.news.goo.ne.jp)
【【サッカー】ヴィニシウスの人生を知る日本人女性記者、会見で涙…‼︎ 『彼は特別な存在』】の続きを読む

第一姓(母方の姓)はパイション、第二姓(父方の姓)はデ・オリヴェイラです。 ヴィニシウス・ジュニオール(Vinícius Júnior, ブラジルポルトガル語発音: [viˈnisjus ˈʒũɲoʁ])こと、ヴィニシウス・ジョゼ・パイション・デ・オリヴェイラ・ジュニオール(Vinícius José…
18キロバイト (1,807 語) - 2024年3月6日 (水) 15:48

1 少考さん ★ :2024/03/26(火) 11:15:05.17 ID:8g61369d
人種差別と闘うヴィニシウス、記者会見で嗚咽…「毎日差別を考えながら試合に臨むのは難しい。プレーする気力を失うときもある」 | Goal.com 日本
https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/vinicius-real-madrid-liga-soccer-football-20240325/blt9288c9680097a2ab

2024年3月26日 06:17

【欧州・海外サッカー ニュース】ヴィニシウスが25日に行われた記者会見で、涙を流しながら人種差別反対を訴えた。

人種差別に苦しむブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが、記者会見で涙を流した。

26日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われる国際親善試合スペイン対ブラジルは、両国のサッカー連盟が反人種差別を訴えるために開催を決定したカードだ。その中心にいるのがレアル・マドリーの選手として、ラ・リーガで人種差別に苦しんできたヴィニシウスである。

ヴィニシウスはこの試合の前日にレアル・マドリーの練習場で記者会見に臨んだ。多数のブラジルメディアが出席し、スペイン語ではなくポルトガル語で言葉を紡いでいったヴィニシウスは、スペインメディアを相手にするより心を許している様子で、スペイン、ひいては世界中にはびこる差別について語った。

「毎日、毎試合……僕が戦っている試合では、とても悲しいことが起こっています。そしてそれは僕だけのことではなく、スペインだけのことでもなく、世界中で起きていることです。僕の国でも黒人として生きる難しさがあります。選ばれるのはいつも白人です。父親の身にも同じことが起こりました。彼は黒い肌であることで仕事をもらえなかったのです」

「僕は凄まじい侮辱を受けています。人種差別は自由で、訴えられることがありません。毎日、あらゆる侮辱を受けて、悲しみはより深いものとなっています。それでも僕は闘っていきます。なぜなら、僕はそのために選ばれたのであり、未来に誰も同じ経験をしないために闘っているのです」

「家族は僕を支えてくれます。サポーターも僕を元気付けてくれます。僕に闘い続けろと言ってくれます。僕は未来にある平等を求めているのです。皆が平等で普通の人生を歩めることを望んでいるのです」

ピッチ上で熱くなり過ぎるきらいがあるとも指摘されるヴィニシウスだが、人種差別が存在する環境において、プレーだけに集中するのは難しいことを強調。そう語っている内に、その目からは涙がこぼれ始め、嗚咽によって言葉が途切れている。

「もちろん、自分自身も成長していく必要があります。でも僕はまだ23歳で、自然な形で成長のプロセスを踏んでいるのです。若い内からブラジルを出た僕は、人種差別について多くを学んでいたわけではありませんでした。そしてここスペインで、そのことを学べています。僕はときどき、プレーする意思や気力を失ってしまうことがあります。(涙を流しながら)それでも闘い続けていきたいと思っています」

「近い将来、僕たちがより平等な世界に生きられることを願っています。人種差別がもっと少なくなり、黒人たちが普通の人生を送れるように。家に帰ってきたとき、何も問題を感じる必要がないように……。僕は試合だけに集中したいのです。ですが、集中したいと思っていても、できないときがあります。毎日、このこと(差別)を考えているのは、本当に難しいのです。(嗚咽の後に)……僕はフットボールをプレーしたいだけなのです。クラブと家族のために尽くしたいのです」

差別に苦しむヴィニシウスは、レアル・マドリーを、スペインを後にすることを考えなかったのだろうか。

「スペインを去ることを考えたことはありません。ここから去れば、人種差別主義者たちが望み通りになるからです。僕は闘い続けます。人々に僕の顔をもっと見てもらうために、ゴールを決め続けます。フットボールをプレーし、人々を楽しませたいと思っています」

(略)

※全文はソースで。

【【サッカー】ブラジル代表 ヴィニシウス、記者会見で涙!! 『悲しみはより深いものに…』】の続きを読む


【ネイマール不在のブラジル代表、2024年初戦の背番号10番はあの選手!】
(出典元:https://www.excite.co.jp/news/article/Qoly_1144431893165064346/)

ワールドカップ南米予選で3連敗となったことで監督交代に踏み切ったブラジル代表。

24日にドリヴァウ・ジュニオル新監督の初陣となるイングランドとのフレンドリーマッチをウェンブリーで戦った。

負傷離脱中のネイマールに代わって、2024年初戦で背番号10を背負ったのはロドリゴ(レアル・マドリー)。

試合はロドリゴとの交代で投入された17歳エンドリッキの決勝ゴールでブラジルが1-0で勝利している。

『Globo』によれば、ドリヴァウ・ジュニオル新監督は「適切なタイミングだった。

あのレベルのストライカーがいるなら、なぜ起用しないのか。

ロドリゴは基盤だし、(79分で交代した)ブルーノ・ギマランイスも素晴らしい試合をしたが、より強さをもたらすために交代した」と采配を説明していたそう。

© 株式会社ファッションニュース通信社

【【サッカー】ネイマール不在のブラジル代表! 『背番号10』は…あの選手‼︎‼︎】の続きを読む

このページのトップヘ