スペイン代表



1 久太郎 ★ :2024/06/21(金) 06:17:43.45 ID:wLL2o4gN9
現地時間6月20日に開催されたEURO2024のグループステージ第2節(B組)で、初戦でそれぞれクロアチアとアルバニアに勝利したスペインとイタリアが、ゲルゼンキルヘンで激突した。

【動画】イタリアのオウンゴールでスペインが先制点

 勝った方の1位通過が決まるグループステージ屈指の好カードで、立ち上がりに押し込んだのはスペインだ。2分、ウィリアムスが左サイドから送り込んだクロスにペドリがヘッドで合わせるも、GKドンナルンマにセーブされる。

 10分にもモラタのクロスにウィリアムスがヘッドで合わせる。これも枠を捉えられない。

 24分には、ボックス内で16歳ヤマルのパスを受けたモラタが狙うが、その1分後のファビアン・ルイスの強烈ミドルとともにドンナルンマに阻まれる。

 劣勢の前回王者は、45+1分にカウンターからキエーザが持ち込んでシュートを放つも、大きく外してしまう。
 
 後半に入って52分、スペインにビッグチャンスが訪れる。左SBククレジャの折り返しをペドリが捉えるも、ゴール左に外してしまう。

 それでも55分、ウィリアムスのクロスが相手DFカラフィオーリに当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールで先制する。

 その後もラ・ロハが一気に攻め立て、追加点を狙って次々に好機を創出。70分には、キレキレのウィリアムスが左サイドから切れ込んで鋭いシュートを放つも、ポストに直撃する。

 後半アディショナルタイムにもアジョセが絶好機も逃し、2点目は奪えなかったものの、試合を通してイタリアを圧倒したスペインが、大一番に1-0で勝利。“*組”を首位で通過した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/0ada3f8f9f1bdd54e86ad15500e6d7a62d4bce37

【【サッカー】スペインが前回王者イタリアに勝利!EURO“死の組“首位通過を果たす!】の続きを読む



(出典 www.football-zone.net) 【【衝撃】サッカー・宿題を持参する16歳FWスペイン代表『ヤマル』、EURO“史上最年少出場記録“を更新‼︎‼︎】の続きを読む



1 久太郎 ★ :2024/06/16(日) 02:59:13.22 ID:IkKns2Vh9
[6.15 EUROグループB第1節 スペイン 3-0 クロアチア ベルリン]

 EURO2024のグループA第1節が15日に行われた。スペイン代表とクロアチア代表の対戦は、スペインが3-0で勝利を収めた。

 2012年以来12年ぶり4度目の優勝を狙うスペインと、ワールドカップ2大会連続ベスト4入りもEUROで優勝経験のないクロアチアの対戦となった。グループリーグ屈指のビッグカードは、前半から大きく動いていく。前半29分、MFファビアン・ルイスから縦パスを受けたFWアルバロ・モラタが冷静に左足シュートを沈め、先制に成功した。

 スペインの攻撃は続く。前半32分、MFペドリからパスを受けたファビアンが2度切り返し、最後はPA中央から左足シュート。ゴール右隅に決まり、2-0とした。前半終了間際には3点目。ショートコーナーからFWラミネ・ヤマルが右サイドからクロスを上げ、混戦の末にDFダニエル・カルバハルが決めた。16歳338日のヤマルはEURO史上最年少で先発入りし、また最年少アシストの記録も塗り替えた。

 前半で3得点を奪ったスペインが3-0で後半に折り返す。後半33分にはMFロドリが敵陣PA内で倒されてPKを獲得。ロドリのシュートはGKウナイ・シモンにセーブされたが、こぼれ球をFWイバン・ペリシッチが決め切る。だが、ペリシッチが敵陣に入るタイミングが早すぎるとして、得点は認められなかった。

 試合はそのまま終了し、スペインがクロアチアを圧倒。第2節は20日、スペインは前回王者イタリアと対戦する。またクロアチアは19日にアルバニアと対戦する。


https://news.yahoo.co.jp/articles/7573ac00d525d7f64ef86cc4b63f2fc9c5f2c3bd

【【結果】スペイン、圧倒的勝利を収める!EURO第1節『スペインvsクロアチア』】の続きを読む


1 久太郎 ★ :2024/03/23(土) 20:23:01.52 ID:54bfB8Op9
サッカーのJ1神戸に所属していた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(39)ら外国人3選手が、大阪国税局からJリーグの契約金に関して、計21億円を超える所得税などの申告漏れを指摘されたことを受け、UAE1部のエミレーツ・クラブに所属するイニエスタは22日、マネジメント会社を通じて声明を発表した。

 所得税法によると、日本に生活の拠点がある「居住者」は所得税を納める必要がある。イニエスタは1年未満の契約だった2018年に関して「居住者」と認定された。

 【イニエスタ声明全文】

 税務不正疑惑に対する日本国税庁の請求に関して日本で公開された情報を踏まえ、私は次のように述べたい。

 根底にある議論は、2018年期間の居住者納税義務に焦点を当てており、この年の後半に、公に知られているように、私はヴィッセル神戸と契約後、日本に移住しました。 

 2018年度、私は該当する内部規定に従って、全世界の所得を対象としてスペインで所得税申告書を提出しました。2021年から2022年にかけて、日本の税務署当局は私の税務上の居住地に関する議論に焦点を当てた調査を開始し、私が2018年の一部の間、日本の税務上の居住者であったことの結論が出ました。この調査による債務も事実上完済しました。

 したがって、その期間の所得は明らかに負担の大きい二重課税を受けているため、私はアドバイザーチームを通じて、スペインと日本の間の二重課税協定に規定されているいわゆる「友好的な解決」を開始するよう要請しました。この手続きは現在進行中であり、両国が合意に達したことに基づく速やかな解決を待つとともに、支払った超過税金が返還されることを望んでいます。

 だからこそ、私は、申し立ての解決を待つ間、公開された情報について敬意と注意を払うよう求めます。私はこれまでも、これからも、施行されている法律と規則に従って行動します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca4c7b3954c5807350c2b6d4fb4cfd07ac32d2c2

関連スレッド
【Jリーグ】イニエスタら3選手、計21億円の申告漏れ 国税が「居住者」と判断 [鉄チーズ烏★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711054675/

【サッカー界のスター選手、イニエスタが声明発表 『超過税金の返還を望む』】の続きを読む

このページのトップヘ