ドイツ代表



1 久太郎 ★ :2024/06/20(木) 02:58:56.25 ID:U/h3yfeu9
 EURO2024・グループA第2節が19日に行われ、ドイツ代表とハンガリー代表が対戦した。

 開催国として7大会ぶり4度目の優勝を狙うドイツ代表。初戦となったスコットランド代表戦では攻撃陣が爆発し、合計5ゴールを挙げて見事な白星発進を飾った。連勝を狙う一戦に、チームを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は前節と同じ11名を先発起用している。対するは、3大会連続の本戦出場を勝ち取ったハンガリー代表。初戦ではスイス代表に1-3と敗れており、決勝トーナメント進出に向けて負けられない状況でドイツ代表戦を迎えた。

 試合は、開始直後のファーストプレーでハンガリー代表がチャンスを作る。キックオフからすぐにハンガリー代表がボールを奪い、右サイドからドイツ代表のペナルティエリア内にロングパスが送られる。競り合ったヨナタン・ターのヘディングが後方に逸れると、DF2枚が見合った隙を逃さずにロランド・シャライがゴール前に突破。しかし、飛び出してきたマヌエル・ノイアーによって防がれた。

 一方のドイツ代表も、11分に最終ラインからボールを繋ぎ、センターバックのアントニオ・リュディガーが前線へとフィードを供給。走り出したカイ・ハフェルツがマーカーの前に入れ替わって右足でゴールを狙うが、GKグラーチ・ペーテルが至近距離のシュートをセーブした。

 すると、22分にドイツ代表がスコアを動*。敵陣内でインターセプトしたリュディガーがフロリアン・ヴィルツにパスを送り、ボックス手前のジャマル・ムシアラにボールを差し込む。そのままペナルティエリア内にスプリントしてきたイルカイ・ギュンドアンへと繋ぐが、ボールをロスト。しかし、すぐさま自ら奪い返して繋ぎ直すと、ムシアラが冷静に流し込んでドイツ代表が先制に成功した。

 リードを許したハンガリー代表は、26分にボックス左角でフリーキックを獲得し、ドミニク・ソボスライが直接ゴールを狙ったものの、GKマヌエル・ノイアーがストップ。ドイツ代表も、44分に細かいパスワークからムシアラがミドルシュートを放つが、わずかにボールは枠の右へと外れた。

 そんななか、前半ATにハンガリー代表が再びセットプレーから決定機を迎える。左サイドでフリーキックを獲得すると、キッカーを務めたソボスライがインスイングのクロスを蹴り入れる。ヴィリ・オルバンが頭で合わせたシュートはGKノイアーに防がれるが、セカンドボールをシャライが押し込みネットを揺らす。だが、判定はオフサイドで得点は認められなかった。

 67分には、ドイツ代表がさらにリードを拡大。フィールドプレーヤー全員がハンガリー代表陣内深くに入り込んで波状攻撃を仕掛けると、トニ・クロースの縦パスを受けたムシアラが左サイドに展開する。マクシミリアン・ミッテルシュテットが折り返し、マイナスで待ち受けていたギュンドアンがワンタッチで決め切って貴重な追加点をマークした。

 結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したドイツ代表がグループステージ突破に大きく前進した。グループA最終節は23日に行われ、ドイツ代表はスイス代表と、ハンガリー代表はスコットランド代表と対戦する。

【スコア】
ドイツ代表 2-0 ハンガリー代表

【得点者】
1-0 22分 ジャマル・ムシアラ(ドイツ代表)
2-0 67分 イルカイ・ギュンドアン(ドイツ代表)

https://news.yahoo.co.jp/articles/00f059558977fd771f3962c9daeff6cd52e245a3

【【サッカー】EURO『ドイツ代表vsハンガリー代表』ドイツ2連勝達成!グループステージ突破が見えてきた!】の続きを読む



(出典 www.footballista.jp) 【【サッカー】なんだこの数字は⁈⁈ トニ・クロース、EURO開幕戦で異次元のパス成功率「101/102」‼︎‼︎】の続きを読む



1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/06/15(土) 06:06:26.99 ID:2p2eApdu9
EURO2024開幕戦が行われ、開催国のドイツ代表とスコットランド代表が対戦した。

ドイツはフロリアン・ヴィルツ、ジャマル・ムシアラ、トニ・クロースらが先発。最前線にはカイ・ハヴァーツが入った。スコットランドはキーラン・ティアニー、アンドリュー・ロバートソン、ジョン・マッギンらがスタメンに入っている。

先制したのはドイツ。10分、クロースのフィードから右へと展開すると、ヨズア・キミッヒの折り返しをヴィルツが右足で狙う。GKの手を*めてゴールに吸い込まれ、ドイツの若き神童のオープニングゴールで試合が動いた。

さらに19分、裏に抜け出したハヴァーツが中央のムシアラへ。ムシアラが巧みなタッチでDFを外すと、右足で強烈に叩き込み、再び若き才能のゴールで追加点を挙げる。43分にも右サイドのキミッヒのクロスからイルカイ・ギュンドアンが頭で合わせるも、GKの好守に阻まれる。しかし、直後のプレーでファウルがあり、ドイツがPKを獲得。さらに、スコットランドDFライアン・ポーティアスは一発レッドとなった。PKはハヴァーツがしっかりと沈め、ドイツが3点リードで前半を終えた。

後半からパスカル・グロスが入り、63分にはリロイ・ザネ、ニクラス・フュルクルクが入る。すると68分、フュルクルクが右足で強烈なシュートをゴール右に突き刺し、決定的な4点目を獲得する。73分には躍動のムシアラも下がり、トーマス・ミュラーが入った。

終盤にスコットランドが一矢報いる。セットプレーから折り返しがアントニオ・リュディガーの頭に当たってゴールへ吸い込まれ、オウンゴールで1点を返す。

それでも、ドイツが終始違いを見せつけ、終了間際にはエムレ・ジャンがコントロールシュートで5点目。開幕戦を白星で飾った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a3e9b9399ce0c87d0be6d077b484c6fca97cb48

【【サッカー】EURO2024開幕戦でのドイツ代表、スコットランドに5得点の大勝利!若手才能が光る!】の続きを読む



1 阿弥陀ヶ峰 ★ :2024/03/24(日) 12:27:21.44 ID:ir1emQ789
国際親善試合でフランス代表とドイツ代表が対戦した。昨年9月以来の対戦となったが、前回同様ドイツが勝利を収めている。

フランスはウスマン・デンベレ、キリアン・エンバペ、マルクス・テュラムの3トップに。3試合勝利のないドイツはヨズア・キミッヒがサイドバックとなり、トニ・クロースとロベルト・アンドリッヒの中盤に。ジャマル・ムシアラ、フロリアン・ヴィルツというヤングスターも両翼に入った。

試合は開始1分に動く。キックオフの流れからクロースがミドルパスで中央のヴィルツへ通す。受けたヴィルツは右足で強烈なミドルシュートをバーに当てながら叩き込み、ドイツが早々に先制点を挙げる。

しかし、その後はフランスがボールを支配。エンバペのスピードを武器に左サイドから攻め立てる。リュカ・エルナンデスとの連携からエンバペが進入するも、ループシュートはマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがセーブし、チャンスは活かせない。

フランスの個々の能力が際立ちながらも前半は集中した守備を見せたドイツがリードすると、後半開始早々にもゴールが生まれる。49分、ヴィルツの浮き球にムシアラが抜け出す。巧みなタッチでGKをかわすと、折り返しをハヴァーツがきっちりと決め、リードを2点に広げた。

フランスは61分にオリヴィエ・ジルー、テオ・エルナンデスらを投入。ドイツは72分にトーマス・ミュラーとクリス・フューリッヒをピッチに入れた。79分には左サイドをマキシミリアン・ミッテルシュミットが左サイドからシュートを狙うが、GKブリス・サンバが好守を見せて3点目は許さない。直後にもミュラー、デニス・ウンダフが連続してシュートを放つが、いずれもサンバが防いでみせた。

88分にはエンバペがスピードで左サイドを駆け抜けてクロスを送る。ミッテルシュミットがクリアに失敗し、ボールはゴールへ向かうが、リュディガーがギリギリでかきだし、ボールはバーへとはじかれる。その後のチャンスもフランスは活かせず、得点は生まれない。

試合はその後もドイツが集中した守備でシャットアウト。2-0と勝利し、4試合ぶりの白星となった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ae45e84fb94f8b542657017546cb88b4d7004de3

【【サッカー】ドイツ代表復活の兆し! クロース復帰でフランス代表を完封〜】の続きを読む


1 尺アジ ★ :2024/03/22(金) 20:57:51.19 ID:ueilTev29
 ドイツ・サッカー連盟(DFB)は21日、2027年から米スポーツ用品大手のナイキとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶと発表した。期間は2034年まで。これによりドイツサッカー界とアディダスとの70年以上にわたる関係に終止符が打たれることになった。

 DFBのノイエンドルフ会長は「ナイキと協力していくことを楽しみにしています。今後10年間を見据え、サッカーの包括的な発展を目指してまい進します。しかし同時に、2026年12月まではドイツサッカー界が70年以上にわたって多大なる恩恵を受けてきた、現在のパートナーであるアディダスとの成功に全力を尽くします」とコメントした。

 ドイツ代表チームはニュルンベルク近郊のアディダス本社を、今夏にドイツで開催される欧州選手権に向けた拠点として使用している。アディダス社はこの決定を「今日、DFBから知らされた」という。

 男子のドイツ代表チームはアディダスのユニホームを着てFIFAワールドカップ(W杯)を4度制し、女子代表もW杯で2度優勝している。

 公式発表後にDFBはX(旧ツイッター)で「私たちはあらゆる感情を理解しています。これまで多くの特別な瞬間を共有し、70年以上の歴史に終止符が打たれるのは私たちにとっても劇的な出来事です」と記した。

※続きは以下ソースをご確認下さい

3/22(金) 20:52
日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/05364380e824b763e8bfaad3ff5f5f76f089052b

【【サッカー】ドイツ代表の新ユニホームデザイン 『トレードマークの3本線は終了か⁈』】の続きを読む

このページのトップヘ